高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

 

高血圧でご自身やご家族に塩分制限が必要な方へ。

 

「ウェルネスダイニングの塩分制限食はお勧めなのか知りたい。」

 

この記事ではこのような疑問にお答えします。

 

私は急性期の総合病院で理学療法士として働いており、高血圧の患者さんも担当しています。その中で退院後の運動や食事などの生活指導もしていますのでお役に立てる内容だと思います。

 

 

ウェルネスダイニングは高血圧にもおすすめ?

まず高血圧は、食事療法運動療法薬物療法3つで改善していきます。そして食事療法では主に塩分制限を行います。

 

このように考えた時、ウェルネスダイニングのメニューはとてもお勧めです。

 

なぜなら病院で食事について指導するのは主に管理栄養士の仕事で、ウェルネスダイニングは管理栄養士がメニューを監修して作っている為、塩分制限はもちろん栄養もキチンと考えられて作られているからです。

 

高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

 

ちなみにウェルネスダイニングには塩分を抑えた塩分制限気配り宅配食がありますが、高血圧の患者さんはこのメニューを選ぶべきか次項で簡単に解説します。

高血圧の豆知識
人間の体内は塩分濃度を一定に保つ働きがあります。ですから塩辛いものをたくさん食べると、これを薄める為にたくさんの水分が体内や血管内に蓄えられます。その結果、血管の内圧が上がり高血圧になると言われています。

塩分摂取の目標と現実
厚生労働省の発表では、日本人の1日の平均塩分摂取量は、男性11g、女性9.5gです。これに対して理想値はそれぞれ8gと7gです。つまり私たち日本人は慢性的に塩分の摂り過ぎだと言われています。

 

和食は欧米食に比べてみそ汁や漬物、醤油など塩分が多いのが特徴です。ですから日本人は高血圧になりやすく、常日頃から塩分の摂り過ぎに注意が必要です(WHOの世界基準目標値は5gなのでいかに高いかがわかります)。

 

 

選ぶなら塩分制限食が良い?

高血圧の治療では1日当たりの塩分摂取量は6gまでと決められています。これは1食で考えると2gですね。

 

ウェルネスダイニングの塩分制限気配り宅配食はどうでしょうか?確認してみるとまさに2g以下に抑えられています。これは偶然ではなく、監修している管理栄養士さんもこれを解ったうえで塩分量をコントロールしているからと言えます。

 

高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

 

ですからウェルネスダイニングの塩分制限食を利用すれば、1食2g・1日6g以内の塩分制限を確実に実施できるので、高血圧の塩分制限食としては理に叶っていると言えます。

 

高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

ちなみにこれはおかずのみの塩分ですから、漬物やみそ汁など自前で用意すると簡単に2gを超えていきますので十分に注意してください。参考までに、レトルトの味噌汁1食分で塩分2gですから簡単に塩分の摂り過ぎになります。

 

メニュー選びの補足

ウェルネスダイニングのメニューを確認すると、全てのメニューにおいて塩分は高くても2.5gまでに抑えられており、どのメニューを選んでもある程度の減塩はできます。

 

ですからもし病院やお医者さんから厳密な塩分制限を指導されていなければ、どのメニューを選んでも大丈夫だと思います。大切なのは指導された範囲で適切に塩分管理することですから、今一度、自分の制限するべき塩分量をお医者さんに確認してみてください。

 

もっとも、塩分はより少ない方が良いですから、1食2g・1日6g以下を達成できれば、高血圧とってなお良いことは間違いありません。

 

 

高血圧の怖さと生活習慣について

高血圧は万病の元と言われる恐ろしい状態です。血圧が高いと血管壁に常に高い圧力が加わっていますから、血管がボロボロなっていきます。栄養や酸素を運ぶ血管がボロボロになれば、その先にある臓器・器官もダメージを受け、結果的に様々な病気に発展していきます。

 

それにも関わらず、血圧が高くても全く危機感を持たずに生活している人はたくさんいます。それは普段の自覚症状が無い場合も多いからです。そして気が付いた時には脳卒中や心不全などの病気を引き起こして遅れになることも多いです。これが高血圧の怖い所です。

高血圧にはウェルネスダイニングの塩分制限食が有効?医療従事者がお答えします。

 

ですから、私はいつも患者さんの指導をする時に、生活習慣を改善することの重要性をしつこいぐらいにお話しします。しかしながら今まで生きてきた生活習慣を変えることは、なかなか簡単なことではありません。

 

高血圧と運動について

 

 

高血圧と食事について

私が日頃、実際に病院で患者さんを指導していて感じることは、本人は一生懸命に塩分制限をしているつもりでも、上手く実行できていない人がたくさんいるということです。これはご本人やご家族の意識が甘いか、或いは薄味では不味くて、食べられる味の食事を作ろうとすると自然と塩分が2gを超えてしまうのかなと感じています。